ボカシ肥料作り
 ボカシ肥料とは、有機質肥料を発酵させたもの。材料は魚粕、油粕、骨粉、カニ殻、米ヌカなど。これらを「VS34」で発酵させることで、有害な物質を除去し、植物が吸収しやすいアミノ酸を多く含んだ肥料に変化します。
使用製品: 「VS34」「VSあかきん」
使用法:  積み込み時に「VS34」を材料の12%程度使用。
         同量の「VSあかきん」を完成後の最後の切返し時に混合。
>>> モミガラ肥料の作り方
>>> 使用事例リストへ



  @
 材料を準備。



  A 材料を攪拌。





  B
 水分を25%に調整。





  C
 50cm程度の高さで積み上げて、
     むしろで覆う。

     温度が40℃に上がったら、その都度
     切り返しを行う。

     夏なら3週間、冬なら4週間、毎日
     切り返しを続ける。