Loading

日照不足、低温期の発根促進

 
使用事例

■根が動かない時期には、どんな液肥を与えるよりも根圏を浄化して根が動きやすい環境を整えることが先決です。
■根が動いてはじめて肥料を吸い、光合成が活発になり、成長できるからです。
■発根促進にはVSこがね液をご利用ください。

使用製品 VSこがね液

【こんな場合にご使用ください】
*低温期・日照不足で成長不良
*根痛み。根腐れが多い
*成り疲れ
*有機肥料を施用しているが生育が悪い

使用法
■10a当たりVSこがね液5Lを必要量の水に薄めて灌水してください。
■7~10日に1回の使用が効果的です。
効 果
発根促進:
根圏の毒素を分解して、健全な吸肥力・吸水力をもたらします。
着色・糖度・鮮度維持:
カダベリン・プトレシン等の有害物質を分解。アミノ酸を合成して植物に供給します。
藻類の発生抑止:
光合成菌が過剰養分を取り込むことにより、藻類の発生を抑えます。

↑使用事例リストへ戻る

 
PAGE TOP