Loading

レンコン栽培

 
使用事例

■レンコン栽培における諸問題は、微生物によりもたらされることが多く、その原因のひとつとして収穫後に圃場に捨てられる茎、葉、根や屑レンコンがあげられます。
■このような圃場では、有機物が分解する過程でピシウムやフザリウム、リゾクトニア等の病原菌が働いていることが考えられます。
■病原菌の感染経路としては、茎葉感染・頂芽感染・吸収根感染などが疑われます。
■残渣物が腐敗するときに酸素を消費し酸素が不足すると、レンコンの特徴である穴が大きくなり、見た目より目方が軽くなってしまいます。
■また、硫化水素や有害アミンの発生は発根を妨げるばかりでなく、肌色を悪くする原因にもなります。

使用製品 VS34 VSトリコ VSこがね液
使用法(10aあたり)
収穫後:
VS34を5袋、VSトリコを5袋、レンコン収穫後できるだけ早く全面に散布し、残渣物の分解を促します。
定植後:
VSこがね液を5L、水口から流し込みます。

↑使用事例リストへ戻る

 
PAGE TOP