Loading

稲わら処理

 
使用事例

■稲ワラ(稲株と根を含む)が分解されずに残ると、翌春の代かき後、浮きワラ処理に大きな労力がかかります。
■また、高温期には有害なガス(硫化水素)の発生につながり、根腐れや秋落ちの原因となります。
■未熟な畜糞由来の堆肥が投入された水田でも同様の問題が発生します。VS34による浮きわら・ガス対策をおすすめします。

使用製品 VS34
使用法
■稲刈り後、VS34を全面に散布し、耕起する。

↑使用事例リストへ戻る

 
PAGE TOP