Loading

VS農法とは?

 

VS34の培地として
堆肥やボカシ肥料を併用する技術の総称を
「VS農法」といいます。

■複雑な微生物相を形成し、維持することが土壌病害の発生を抑制し良品多収につながります。

■森の土壌は、落ち葉を微生物が分解し、有機物の循環が有効に行われています。そこには肥料や農薬の施用もなく,連作障害もありません。

■そういった視点で考えると、“森の土壌を圃場で形成すること”が健康な土つくりにつながります。

■そのために堆肥の原料には、落ち葉やモミガラ、オガクズなどの植物質の原料が必要です。

■堆肥を施用する本来の目的とは、土壌の水持ちや水はけの改善、pHやECなどの安定、微生物相の改善などです。

VS34の微生物を圃場に定着させるために、培地として堆肥やボカシ肥料を併用します。この技術の総称を「VS農法」といいます。

↑農家さん+農産物リストへ戻る

 
PAGE TOP