新潟市西区の長谷川農園ではモミガラを原材料とした堆肥作りにより、環境循環型農協を始めて30年になります。年間30トン/ 10a以上の自家製モミガラ堆肥を施設に投入し、土壌消毒を全く行わず年間9回転以上の栽培を行い続けています。連作障害回避以上に年々土壌の団粒化・物理性が向上し栽培が容易になり、なおかつ品質は向上し続けています。
 また、モミガラ堆肥はイチゴ、トマト、花卉など様々な農業経営者の方々に栽培技術の底上げになる資材として評価され、継続投入していただいております。我が家では育苗時にくん炭の代わりに使用したり、平成17年度からは水田での利用も開始していますが、イネの生育促進という成果も出ています。
 今の農業には問題が山積みです。農業の根底である土壌を見つめ直し、今できる最善の方法で失われたものを補い、改善し、消費者に本物を示す事により未来が切り開かれるのではないかと考えております。  
                                                      
                                                   長谷川農園一同
  根が土をガッチリ掴んでいる。 完成した堆肥用の施設。長谷川さんの
 考える堆肥の重要性が伝わってくる。
  団粒構造のお手本の様な土。
◆経営面積:
    施設園芸  52.8a
    (チンゲンサイ、サラダ菜周年
     栽培、年間9回転以上)
    水田     390a (コシヒカリ)
    育苗施設  3.3a
    堆肥舎    2.1a
    作業場    30坪 
 この堆肥の山は、一部に過ぎない。   甘い、滋味豊かなチンゲンサイ。 >>> VS農家さんリストへ
◆ 長谷川農園を紹介した「農業共済新聞」 2006年11月1週号。